矢倉藍子   Aiko Yagura  (兵庫県篠山市)  【陶芸】


『日々の生活で使う器を、作っていきたい。
使いやすく、気に入って毎日使いたくなる器、
心がちょっと温まるような器を目指しています。』



<素材と特徴> 
最もよく使っているのは磁器土。白くて焼き上がりが丈夫で
欠けにくく汚れにくい。生活の中にすんなりなじむと思います。
自然の中から発想を得て鉄や呉須で絵や模様を描いています。
子供用の器にはカラフルな下絵具で動物や植物を描いています。
耐熱陶器はクリーム色の釉薬をかけています。
オーブンで使用できます。
磁器とは違い使用すると味わいが出てきます。

矢倉藍子(陶芸)

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
18商品中 1-16商品

矢倉藍子   Aiko Yagura  (兵庫県篠山市)  【陶芸】


- 略 歴 -
1981年 兵庫県三木市出身
2004年 鳥取大学農学部卒
2006年 多治見市陶磁器意匠研究所卒
2006〜2010年 陶磁器メーカー勤務
2012年 兵庫県篠山市に移住し、工房を構える